HOME>記事一覧>本来の目的以外のメリットがそこにはあります

企業活動の大きなプラスになります

今、大小問わずあらゆる企業が、法人向けに販売されているコンテナ等の購入に踏み切っているという事実をご存知でしょうか。単に自社の在庫等を保管するだけでなく、色々なメリットを求めてそのような流れになっています。その最大のメリットと言えるのが、高い節税効果が見込めるという点です。コンテナの購入金額は全て3年もしくは7年で減価償却出来るので、これを利用して節税するという企業が増えています。

手続が非常に楽というのも魅力です

また、コンテナの利用の手続は非常に簡便であるという魅力もあります。というのも、面倒な法定手続等は全てコンテナ販売業者が代行してくれるので、自らはその業者に提出する書類等を用意すれば良いだけだからです。

安定した収益が得やすいという特長も

コンテナ投資の特長には、低いリスクで安定した収入が得やすいという点もあります。ほとんどの販売業者では、一括借り上げによる賃料保証があり、空室リスクにおびえる必要が無いという魅力も、今選ばれるようになった要因と言えます。

これならではの利点も多数

それ以外にも、コンテナは人が住むものでは無いので、借地借家法が適用されず、周辺住民等とのトラブルの危険性極めて少ないというメリットもあります。さらに、コンテナならではの災害等にも強い堅牢性、狭小・いびつな土地にも対応しやすいという柔軟性も相まって、販売する業者は右肩上がりになっています。

広告募集中